夜泣きは英語でsweet pain(甘い特別な痛み)
英語を覚える事だけが英語学習ではない



この記事のまとめ

  • 国によって子供に対しての考え方は様々
  • 外国人と話すと悩みがちっぽけに感じる
  • DMM英会話は親として成長できる機会

目次

DMM英会話とは

DMM英会話とは、Skypeというボイスチャットアプリを通じて外国人講師とマンツーマンの英会話レッスンを受けることができるサービスです。

TVCMもたくさんやっていた事があるので名前を聞いた事がある人は多いと思います。TVCMではパソコンで受講していましたが、スマホやタブレットなどからも受講することができるんです。

私も3年前ぐらいからDMM英会話を続けているのですが、自分のマイページには下記のような受講分数がカウントされていきます。

気づけば24100分、、、!

一日一回25分のコースなので、単純計算で964日も受けている事になりますね、、、

でも、24100分を日数で換算すると

え!? 約17日分しかない、、!!

964日も続けていたのにもし海外滞在していたとすると17日分って何かすごく短く感じますよね、、、

17日ぐらいなら思い切って有休を使って海外短期留学行った方が良いのではないか?って思った方もいるかと思います。

しかし、私は毎日コツコツ続けられて色んな外国人講師と話せるDMM英会話をオススメします。

なぜなら

英語は使わないと忘れてしまうから

私の会社の同僚に年間100万円以上かけて子供をインターナショナルスクールに通わせていた人がいました。

通っている時は英語がペラペラだったらしいのですが、その後小学校に入学して英語を使う機会がなくなった途端、

子供が英語を忘れ始めているそうです。

その同僚が言っていた言葉が印象的でした。

「こうなるなら家族でハワイに行きまくった方が良かった」

英語を忘れるという感覚は、ペラペラではない私も分かる気がします。
言語学習に終わりはないですよね。
日本人だって日本語を100%理解している人ってほとんどいないですしね。

英語も一緒で継続して使う事が一番大事なのかも知れません。

私の予想ですが、17日間海外短期留学していたよりも、964日間DMM英会話を続けている方が英語力は結果的に伸びていると思います。(そう思いたい)

しかし、いきなり英会話…!?という方もたくさんいらっしゃると思います。
そういう方にはYouTubeを使った勉強方法スマホで読める無料の英語の本から始める事をオススメします♪

それでは私がDMM英会話を通じて得てきた事を紹介していきます。

夜泣きは英語でsweet pain

英語の言い回しには日本語には無い独特の言い回しがあったりします。

  • after you → お先にどうぞ
  • under the weather → 気分が悪い
  • there there → よしよし

私が一番衝撃を受けた言葉は「sweet pain」です。
直訳すると「甘い痛み」という意味ですね。

私に子供が生まれた事、DMM講師とよく子育てについて話していました。
その事は夜泣きが辛く、眠れない日々…
子供がいらっしゃる方は皆さんご経験済みだと思いますが、寝れないって辛いですよね…

疲れとストレスが溜まっていた私は、たまにDMM講師に悩みを相談していました。
そんなある日、DMM講師が「夜泣き」は英語で「sweet pain」という事を教えてくれました。
上でもお伝えしたとおり、「sweet pain」は直訳すると「甘い痛み」

つまり、

「愛情があるからこそ感じる事ができる特別な痛み」

という意味です。

ちなみにそのDMM講師は子供が授かる事ができなかったそうです。

DMM講師が私に伝えた言葉は、

I envy you.
I can’t feel your pain.
Because I don’t have a baby,but I wanted.

意味としては、

私はあなたが羨ましい。
私はあなたが感じているような痛みを感じる事ができないもの
私も子供が欲しかったけど授かる事ができなかったわ。

「夜泣き=辛いもの」という観点でしか考えられていなかった自分はまだまだ親として未熟だなと気づきました。
たしかに子供がいなければ感じられない辛さですしね。

DMM講師と話す事で自分の親としての考え方も成長していっていると思います。



外国人講師と話せばストレスも解消

まず、ほとんどのDMM講師は

明るい!!

特にフィリピン人講師は明るい!!!

話を聞くと決して裕福な生活を送っているわけではありませんが、皆さん朝から楽しそうに話してくれます。

まぁ外国人から見たら日本人がかなりシャイらしいので、世界的に見ると外国人が明るいという分けでもなさそうです。

私は毎朝仕事前の決まった時間にDMM英会話を受けます。
英語学習はルーチンにして日常に一つに取り入れる事で継続できるようにしています。
なので私の朝はDMM英会話から始まります。

先程お伝えした通り、外国人と話す事で自分の悩みがちっぽけに感じたり、新しい気づきを得られたりと、DMM英会話では英語学習以上のものを得られていると思っています。

子育て以外にも

  • 会社に対しての不満
  • 人間関係の拗れ
  • 今後の先行きの不安

など、少しづつですが英語で会話できるようになってきました。

そしてここでも衝撃的な事を聞かされます。

  • 勤め先が自転車で2時間のところ
  • 隣人が自宅の鶏を盗んで食べてしまう
  • 屋外は電波が弱いのでポケモンGOで遊べない

日本ではあまり考えられないですよね…

こういう話を聞くと日本って恵まれているなーと感じます。
自分の悩みが世界レベルで見るといかに小さい事か…
悩みは解決されないですが、DMM講師と話すと何か元気をもらった気持ちになります。

そしてDMM講師だからだとは思いますが、こちらの悩みに対して必ず「分かるわ−」って言ってくれます。

皆めっちゃ優しいです。

もちろん中にはムスッとした講師もいますが稀ですね。

英語の勉強をしながら子育ての話とストレス解消ができるなんて一石三鳥です。

DMM英会話を始めた最初の2週間は知らない外国人とSkypeで話すなんてストレス以外の何物でもなかったのですが、今ではそれが自分のルーチンの一部になっているとは感慨深いですね。

陽気な外国人と話せば子供も明るい性格に

ここまで読んで頂けた方はもうお分かりの通り、DMM英会話は英語勉強を通じてそれ以外の事も得られる素晴らしいものです。

私の子供はまだ2歳でやっと日本語の二語文が話せるようになってきたところです。

もう少し会話ができるようになってきたらDMM英会話の子供レッスンを受け始めようと思っています。

英会話(子供英会話ページ)

ただし私の場合は、

英語を学ぶのではなく、自分の世界を広げる

という目的でDMM英会話を子供やってほしいと思っています。

この自分の世界が広がる感覚を持つ事で、英語学習を続けるやる気スイッチが入ります。

英語を話せるようになるがゴールではありません。

英語が話せると得られるモノは何かに気づかせる。

私が30歳後半の年で約1000回のDMM英会話を受講して気づいた事を、子供には人生のなるべく早い時期に気づいてもらいたいなと思います。
そしてたくさんの外国人と交流をして、日本人としての気質は持ちつつも外国人のように陽気な部分も持ち合わせてほしいです。

外国人労働者の受け入れ人数が増えてきて、自分の子供が大人になった時は今以上の人数の外国人が日本にいる可能性もあります。

そんな日本の新しい時代の中で幸せを感じられる子供に成長してほしいなと思います。

英会話

 

ツールバーへスキップ